便利なバーチャルオフィス

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

起業を考える時、まずは事業所をどこにするのかが問題となります。都内の一等地では賃料が高過ぎて手が出ません。しかし、自宅をそのまま登録するのも、住所やプライバシーが知られる恐れがあります。実は、そういったときに便利なサービスがあるのです。バーチャルオフィスというもので、起業時や一時的に事務所を構えたいときなどに有効です。

ではこのバーチャルオフィスとは、どんなものなのでしょう。バーチャルオフィスは、自宅で仕事をしながら、住所と電話番号を別の場所で借りるというものです。つまり、オフィスとしての機能は自宅で、そして対外的な窓口としてバーチャルオフィスを借りるということなのです。通常、オフィスを借りるには保証金やデスク、パソコンなどまとまった額の初期費用が必要です。しかし、このバーチャルオフィスは住所などを借りるだけのものですから、初期費用もランニングコストも格安に抑えられるのです。

一方で、レンタルオフィスというものもあります。しかし、こちらは実際にオフィスを借りることになりますので、保証金などが発生し、賃料もバーチャルオフィスよりも高めに設定されています。起業時のまだ小さな規模の場合は、このバーチャルオフィスを有効に使い、経費を抑えるのも一つの案でしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket