郵便物の転送について

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

バーチャルオフィスは、自宅で仕事をしている人にとって、大変便利なものと言えます。ただ、利用を考えている人にとって心配な点もあるでしょう。例えば、郵便物です。取引先や得意先には、バーチャルオフィスの住所を登録してもらっています。つまり、そこからの請求書であったり資料はバーチャルオフィスに届く手配になっているのです。この場合、その都度その場所へ郵便物の回収に行かなければいけないのでしょうか。

郵便物の扱いは、バーチャルオフィスを扱うほとんどのサービス会社では、転送して貰えます。バーチャルオフィスに届いた郵便物や荷物は、自宅や作業場など予め転送先の住所を設定しておけば、そこへ届けてくれるのです。起業時は一人で切り盛りしますので、いちいち郵便物を取りに行けないのが実情でしょう。そういう点で、このサービスは嬉しい限りです。

ただサービス会社によっては、サインが必要なものや、宅配便、代引きなどは受け取れないところもあります。バーチャルオフィスは無人管理が多くなりますので、こういったことは当然ですが、中には有人管理の会社もあり、これらの荷物も問題なく扱ってくれるところもあるのです。契約時にこういったことも確認するようにしてください。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

住所貸しのメリット

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

バーチャルオフィスの最大の特徴は、住所貸しでしょう。自宅で仕事をする場合でも、オフィスとしては都内の一等地の住所を借りられるのです。別に、都内の一等地でなくてもいいという考え方もあるでしょう。しかし、誰もが知るよく知った住所にオフィスがあるということは、取引先や得意先に対しての信用度がまるで違ってくるのです。地方の誰も知らないところにある会社よりも、都内の駅の周辺にある会社の方が取引先としては安心できるはずなのです。

また、住所を別に持つということは、自宅や作業場を知られる心配がないということにもなります。起業時は規模が小さいため、自宅をオフィスとして利用することが多いはずです。この時、もっとも不安なことはプライバシーを知られるということでしょう。やはり、仕事であっても、自宅を知られるのは危険を伴います。そういう意味でも、住所貸しは有効な手段と言えるのです。

また、マンションなどの場合、居住専用の規約がありオフィスとして登記できない物件もありますし、市街地から離れた場所であれば、人の出入りが多くなることで、近所から苦情を受けることもあります。そういった問題も、このバーチャルオフィスの住所貸しであれば、すべて解決できるのです。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

便利なバーチャルオフィス

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

起業を考える時、まずは事業所をどこにするのかが問題となります。都内の一等地では賃料が高過ぎて手が出ません。しかし、自宅をそのまま登録するのも、住所やプライバシーが知られる恐れがあります。実は、そういったときに便利なサービスがあるのです。バーチャルオフィスというもので、起業時や一時的に事務所を構えたいときなどに有効です。

ではこのバーチャルオフィスとは、どんなものなのでしょう。バーチャルオフィスは、自宅で仕事をしながら、住所と電話番号を別の場所で借りるというものです。つまり、オフィスとしての機能は自宅で、そして対外的な窓口としてバーチャルオフィスを借りるということなのです。通常、オフィスを借りるには保証金やデスク、パソコンなどまとまった額の初期費用が必要です。しかし、このバーチャルオフィスは住所などを借りるだけのものですから、初期費用もランニングコストも格安に抑えられるのです。

一方で、レンタルオフィスというものもあります。しかし、こちらは実際にオフィスを借りることになりますので、保証金などが発生し、賃料もバーチャルオフィスよりも高めに設定されています。起業時のまだ小さな規模の場合は、このバーチャルオフィスを有効に使い、経費を抑えるのも一つの案でしょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

バーチャルオフィスとそのサービス

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

これから、独立して起業を考えているという人は、まずオフィスを借りることになります。ただ、起業時は事業の規模もそれほど大きくなく、人員も自分だけということで、オフィスを借りるほどでもない場合がよくあります。そういった時、便利なサービスとしてバーチャルオフィスがあるのです。

バーチャルオフィスは、レンタルオフィスと同じようなものと捉えられがちですが、まったく違うものです。レンタルオフィスは、実際にそこで業務を行うスペースとなりますが、バーチャルオフィスは業務を行う場所ではありません。住所と電話番号を借りるというサービスなのです。つまり、仕事は自宅などで行い、郵便物や電話など対外的な窓口としてのみ利用するものとなります。もちろん、通常のオフィスを借りるような保証金や備品の準備も必要なく、初期費用がかなり安く抑えられるのが大きな魅力で、今注目を集めているのです。

バーチャルオフィスのメリットとして、都内の一等地やよく知られている地域の住所が借りられるというものがあります。住所が一等地であれば、取引先からの信頼度が高くなり、仕事もスムーズに運びやすくなります。そして、実際の仕事場である自宅の住所や電話番号が知られる心配もなく、プライバシーがしっかりと守られるのも、住所貸しの大きな特徴でしょう。また、郵便物や宅配便も自宅へ転送してくれますので、いちいち取りに行く手間もありません。このサイトは、こうしたバーチャルオフィスのサービス内容について紹介します。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket